眼瞼下垂の原因を知ってケアしよう|整形で完璧

女性看護師

まぶたの異常の病気

目の施術

まぶたが開きにくくなる

まぶたが腫れぼったくて悩んでいる人の中には、眼瞼下垂という病気である可能性もあります。眼瞼下垂とは、目蓋が上げにくく、目が完全に開きにくい状態を指します。まぶたを上げるための筋肉である眼瞼挙筋、もしくは筋肉を動かす動眼神経の異常が原因で起こります。眼瞼下垂は生まれつきのケースが多く、片目だけの場合や両目とも眼瞼下垂である場合もあります。後天性の場合もあり、加齢による眼瞼挙筋の筋力の低下が原因になります。眼瞼下垂の治療には、先天性の場合には手術が行われます。幼い時に眼瞼下垂であると判断された場合は、すぐに対処しないと視力の発達も阻害される恐れもあるため、素早い対処が必要です。筋力が無くなる後天性の場合には、薬で治療するケースもあります。

様々な原因と病気の恐れ

眼瞼下垂の決定的な原因や対処方法は人により様々です。ただまぶたが腫れている、厚ぼったい状態だけでなく、筋力や神経等、非常に様々な要因が原因で起こる場合が多くあります。疲労が重なって視神経に異常をきたした結果突然起こるケースもあります。コンタクトレンズの使用で起こるケースもあり得ます。重要なのは脳梗塞や脳動脈瘤など、重要な病気の後に起こるケースがあることです。ものの見え方にも異常が出る場合があるので、目が開きにくくなった、見え方がおかしいと感じたら、単に腫れているだけと軽視しないことです。まずは眼科を受診してどんな状態なのか、おかしくなった時期や考えられる原因を伝え、重要な病気の前触れではないかなどを診断してもらうことです。